部活紹介

おむすびアート

最終更新日: 2024-02-23 18:47:24
タイムライン投稿
494
ライブラリ投稿
17
開催済イベント
33
参加者
36
この部活のタイムラインでは、このような投稿があります。
【感性のコミュニケーション】

『感性のコミュニケーション』という本があります。

コミュニケーションを語る時によく出されるのは「ロジック」とか「ロジカルシンキング」ですよね。

人に伝わるように話したり、書いたりするためには「論理」や「論理的思考」が
大切とを説く本は多いですが、この本が謳っているのは「感性」のコミュニケーション」。

「論理」とは反対です。

1992年に出された古い本で、アマゾンで見てみたら中古のものしか買えない状態
になっていますが、私が大学院生をしていた時に読みました。

アメリカ人と日本人の共著ですが、当時、この本をアメリカ人が書いていることに
驚いたことをよく覚えています。

今でこそ、『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか』などの本で、感性や感覚的なものや共感などの大切さが言われるようになりましたが、西洋では理性論理に重きを置いてきた歴史が長いので、当時では珍しい主張だったと推測します。

コミュニケーションにおける感性共感感覚的なものの大切さ。

相手と心を通わせたり、共鳴したりするためには欠かせないものです。

私が「おむすびアート」をやっているのも同じような理由で、異文化コミュニケーションの研究を10年ほどする中で、研究するだけではコミュニケーションに足りないものがあると思ったんですね。

私がコミュニケーションをする時には相手と音楽を奏でているような気持ちで
やりとりしている気がします。

感性的なもの、感覚的なもの、AIが発達してくれば、ますますそういうものが人間には大切になってくると思います。

「アート」を通じて感性や感覚を磨いて、そういうものを大切にしたコミュニケーションをすること。

そうすることで、自分とも周りとも共鳴したり、共感したり、つながりを持てるようになること。

「おむすびアート」ではそんなことをやっていきたいと思っています。

今回、始めるのはお祭りの縁日に露店をたくさん出すイメージで、「こんなアートで人をつなげるよー!」「こんなのもアートだよー」っていうのを毎回、違うカタチでやっていくシリーズです。

第一回目のテーマは「新しい私に出会う」(今日の13時から)♪
もしご興味あればご参加くださいね。

☆6月4日(日)☆

アートのカタチ縁日 第1回 ~新しい私に出会う日~

一店目 13:00~14:30(限定6名)
「手作りする私に出会う」
ノートと水引を手作りする体験

2店目 14:45~15:40「絵を描く私に出会う」
ピアノに合わせて、絵描きさんがライブペインティングしたものに加筆する体験

3店目
 15:45~16:30「音を楽しむ私に出会う」
バイオリン、フルートなどいろんな楽器に触れる体験

3つの露店を出すので、そこでいろんなアートに触れて、違った体験をして、自分や人とつながることで、人生を変える「新しい私」に出会ってみませんか?

お申し込みはこちら↓
1店目 https://energeia.app/event/2118/detail
2店目、3店目 https://energeia.app/event/2119/detail
1〜3店目通しで参加 https://energeia.app/event/2120/detail

前回の新年会でいただいた感想はこちら↓です。

 Q;「おむすびアート」新年会はいかがでしたか?
・開催された場所がとてもステキなところで、ちょっとリッチな気分になれました。
 初めてお会いした人たちと楽しく演奏を聴かせていただきました。
バイオリンに初めて触れられたのと、音を出す体験が出来て良かったです。
 ハンドベルとむつみさんのピアノ合奏がとても楽しかったです。
・いろいろな楽器に直接触れられたり、美味しい物が食べられたり、
 場所がステキだったり、参加者が面白かったり、楽しい新年会だった。

 Q:水月むつみさんってどんな人ですか?w
ふわっとした感じの人ですが、中身はぎっしり
 英語堪能、作家としての側面もあるなど、マルチプレイヤーですね。
・むつみさんは、物静かでおっとりしつつも、自分軸のある方です。
 歌声もそうだけど、話す声がとても魅力的で、何というのか聞いていて安心します!
・どんどん美しくなっていく不思議な

自分が知らない私誰も見たことのない私新しい私そんな「私」に出会ったことはありますか?私は「新しい私」に出会うことで、人生が変わってきました。...
1
コメント0
【心がつながるコミュニケーション術⑮♪】

子育ては、なぜ大変なのでしょうか?
その大変さを、パソコンのメモリに例えて説明することができたりします。

???

子育ての話で、パソコンのメモリ??と思われたかもしれませんが…笑

パソコンの「メモリ」はパソコンが快適に動作するために大切ですよね?
パソコンの表側の動作の裏側で常に動いてるメモリ。

子育ては、そのメモリをすごく使うのだということ。

例えば、仕事をしていたとしても、常に「親である」ということでメモリが使われている。学校から電話が来るかもしれないし、熱を出すかもしれないし、どっかに行ってしまって迷子になるかもしれない。

今、子供と接しているかいないかに関わらず、常に、裏側でパソコンのメモリを食っている状態になるような大変さがあるということ。

それは仕事が1つ増える、ということとは根本的に違う大変さ。

その大変さが、他の人間関係にも当てはまる場合があります。

例えば、こんな場合…

母はいつも理不尽なことを言う。
無理な要求ばかり突きつけられる。


親との関係が良くない状態。たとえ、一緒に住んでいなかったとしても、普段接することがほとんどなかったとしても、それはパソコンのメモリが食われている状態に近くなります。

親でなくても、普段接する人との関係が良くない場合でも同じこと。

子どもに使うメモリを減らすのは難しくても、それ以外の人間関係に使うメモリはなるべく減らしていった方が生きやすくなります。

そういう心のメモリの余裕が、心がつながるコミュニケーションができる状態にもつながっていきます。

ということで、私の「家族の物語を紡ぐメルマガ」では心のメモリの使用量を減らしていくプロセス、家族との関係に向き合いながら、自分の人生を取り戻していく架空の物語を配信しています。今日から、第二章「母と娘の物語」に入ります。

何年も会わない状態の母と娘が関係を再構築していくプロセスを小説のような物語にして配信していきます。ご登録はこちら↓から(20時配信)
1
コメント0
今日は、突然ひらめいたことがありまして😊

私の願いは、幸せな家族が増えること💕

それで心がつながるコミュニケーション術のセッションなどをやってみたりしてるわけなんですけど、なんとなくしっくり感がホントにぴったりという感じではない気がしてて。

でも、これホントにやりたいかも!というのが突然、降ってきまして、それは……

「家族・パートナーを喜ばせる企画、作ります!」

みたいなこと。

例えば、誕生日、クリスマス、なんでもない休日でもいいかもしれませんが、「家族、パートナーと何しよー?」あるいは「何したら喜んでくれるんだろう?」みたいな悩みってあるんじゃないかと。あるいは、プレゼントを選ぶ、レストラン・宿の予約が面倒、時間がない、みたいな💫

私はプレゼントして泣かれたことあるくらい、プレゼント選ぶのが得意だし、レストランや宿を調べて予約するのは楽しいし、歌を歌ってあげることもできるかもしれないし、小説を書いてプレゼントもできるかもだし、料理を作ってあげられるかもしれないし、手紙を書いあげられるかもしれないし、子どもが得意だから子どものお世話を私がしている間に夫婦で遊んできてもらうのもいいかもしれないし、(海外)旅行のプランを立てたりもできるかもしれないし、勉強を教えることもできるかもしれないし、私が持ってるチカラを全て使えるような気がしてまして

もし、やって欲しいという方がいらっしゃれば、コメントかメッセージくださいな。モニターさん限定で実費のみでお受けします💕💕
ZOOMでお話をうかがって企画を立てる感じになると思いますー。
1
コメント0
L o a d i n g